AWAジェネラリスト養成コース

〜総合診療医・家庭医を目指す若い医師の皆さんへ〜



総合診療や地域医療に興味のある皆さん、いろんな診療科を経験してから進路を決めたい皆さん、専門診療科に進む前に総合診療能力をつけておきたい皆さん、
総合診療医学分野の後期研修・専門医研修に参加してみませんか。
総合診療医学分野は研修コース「
AWAジェネラリスト養成コース」にて、若い時期にいろいろな診療能力を身につけておきたいあなたを支援します。
日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医療専門医の資格を取得することができます。


総合診療医学分野は、総合診療能力を修得したい若い医師をサポートします。
総合診療医学分野は徳島県内のへき地で働く医師を育てる教室である、と間違った解釈をしている方がいますが、それは正しくありません。

徳島市内を含めてあなたの勤務する場所はあなたの意思と希望に任せます


■⇒ 次の3つのコースから選択することができます
病院総合診療医コース
家庭医コース
大学院コース

総合診療および救急診療を中心とした研修を受けることで病院総合診療医を目指すコースです。

原則6ヵ月〜2年を1単位として複数の診療科あるいは複数の臓器別の臨床研修を受けることができます。病院と診療科は原則として本人の希望によって選択することができます。

県内総合病院のハイレベルな診療科のローテートによって
優れたジェネラリストを目指すことができます。

並行して希望する専門診療能力を伸ばすこともでき、学会専門医の取得が可能
です。

原則として週に一日は徳島大学病院での診療研修と総合診療医学分野での学生教育活動に従事してもらいます。


地域医療に貢献したいというあなたのためのコースです。

地域の総合病院で勤務することで、地域に密着し、保健、医療、福祉を併せた包括的、全人的医療を経験することができます。

原則として研修1年目は地域基幹病院にてプライマリ・ケア研修を受け、その後、地域のサテライト診療所などで地域医療に貢献します。

南阿波総合医・家庭医養成プログラムに登録することで
家庭医療専門医の取得が可能です。

総合診療能力を修得することで、将来
、開業医として地域医療への貢献を目指すことが可能です。

週に一日は徳島大学の総合診療医学分野にて研究活動・学生教育指導を行います。


社会人大学院生として、県下の病院で診療に従事しながら総合診療医学分野にて研究に取り組みます。

病院と診療科は原則として本人の希望によって選択することができます。

地域医療学や総合診療医学に関する臨床研究がテーマとなり、地域医療の現場をフィールドとし、地域の医療体制の向上に向けた診療連携、教育システム作りに関する研究に取り組みます。

4年間の研究によって学位取得が可能です。平成25年3月当分野の湯浅志乃先生が地域医療と関節リウマチをテーマにした研究で医学博士号を取得しました。
研修例 1 研修例 2 研修例 1 研修例 2 研修例
総合病院
(内科・救急)
総合病院
(内科・救急)
南阿波総合医・家庭医
養成プログラム


徳島大学AWA広域総合診療医
養成プログラム


(家庭医療専門医資格
の取得が可能)
地域基幹病院 総合病院あるいは地域基幹病院勤務
社会人大学院生として地域医療をテーマに
した研究に従事
総合病院
(内科)
総合病院
(外科・整形外科)
地域基幹病院
サテライト診療所
総合病院
(選択)
総合病院
(内科・小児科
)
サテライト診療所


*総合病院・地域基幹病院ともに
徳島市内あるいはその周辺を含めて希望の病院で研修を受けることができます。
*原則として週に一日は
大学での診療研修と医学生の教育活動に参加することができます
*県外の優れた病院で総合診療に関する研修を受けることも可能です。



■ あなたの参加をお待ちしています
!!

総合診療医・家庭医を目指したいあなたへ 


教育・診療面では、ジェネラリストを育成していきます。

プライマリ・ケアや初期救急医療を含めた幅広い総合診療能力を備えたジェネラリストを目指すことができます。

総合診療能力を備えた医師の中で、地域医療に貢献する情熱を持った医師はその道に進むことが可能です。

総合診療研修を終えた後、大学病院や総合病院で専門診療医(スペシャリスト)の道を選択することも可能であり、その場合も総合診療医としての診療能力は貴重な財産となるでしょう。

家庭医療専門医・総合診療専門医の資格を取得することができます。



地域医療に関心のあるあなたへ 

総合診療医学分野では、医学部学生から初期・後期研修医に至るまで総合診療医学に関する一貫教育システムを構築することで地域医療に情熱を持つ医師を育成していきます。

医療のみでなく介護、保健、福祉といった地域医療の現場で必要とされる知識を提供し、地域医療が身近で親しみを持てるものとして受け入れられるような教育を目指します。

地域医療への貢献に必要な、総合診療能力および包括的なチーム医療を実践する能力を習得することができます。

将来開業し、地域に密着した医療をめざす医師にとっても有意義な研修となることでしょう。


まだ進路を決めたくない(決められない)あなたへ 

専門診療科の選択肢は多く、2年間という短い初期研修で自分に適した専門領域を決めることは難しいものです。

総合診療医学分野のAWAジェネラリスト養成コースでは、希望する病院、希望する診療科を6ヵ月〜2年を1単位としてローテーション勤務することができます。

その勤務の間に、各診療科での診療技能を身につけながら、専門診療医(スペシャリスト)としての将来の進路を決めることが可能です。

各科を回ることでプライマリ・ケアの技能が習得できるため、その後総合診療医として、病院総合医や地域医療に貢献する医師の道に進むことも可能です。