教室員募集 invitation


 平成30年3月に臨床研修を修了予定の皆さんへ

      
我々がプログラム統括責任者を務める2つのプログラムを紹介します

          ●徳島大学AWA広域総合診療専門研修プログラム

          ●南阿波総合診療専門研修プログラム



 平成29年3月以前に臨床研修を修了予定の皆さんへ

     
 我々とともに、地域医療に貢献しながら総合診療能力と家庭医療専門医の資格取得を目指しませんか?

        日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医取得を目指す→プログラムはこちら

              
家庭医療専門医・総合診療専門医の資格を取得することができます


              総合診療能力を修得することができます

              進路をまだ決めていない (決めたくない)人にも、決める前の時期に適したプログラムです

        キャリアを積んだ医師の皆さんへ

              専門診療能力とともに総合診療能力を備えることができます

              総合医を目指す医学生や若い医師の教育に関わることができます

              大学とつながりを持って地域医療への貢献や研究に関わることができます

              開業に向けての準備期間として貴重な経験を積むことができます




総合診療医をめざす
研修医・若い医師の皆さんへ



地域医療への貢献を考える
すべて医師の方々へ


AWAジェネラリスト養成コースとして、徳島県下の総合病院あるいは地域基幹病院や診療所において総合診療および救急診療を中心とした幅広い研修を受けることができます。

ローテーションとして、複数の診療科あるいは複数の臓器領域の臨床研修を受けることが可能であり、教室スタッフがローテーションをサポートします。

将来につながる専門研修を受けながら、総合診療能力を修得することも可能です。

家庭医療専門医・総合診療専門医を含めた様々な学会専門医の取得が可能
です。

大学院に入学し地域医療をテーマにした研究を行うことで、医学博士の学位取得も可能です。


  
  プログラムの詳細はこちらをご覧ください♪

年齢制限はなく、あなたの総合診療能力を生かして徳島県下の地域医療に貢献することができます。

臨床医として医師不足に悩む県下の地域医療に一定期間貢献することができます。貢献方法としては大きく以下の形態があります。

  @常勤医として病院に勤務します。勤務する病院と勤務期間は 相談によって決めることになります。当分野があなたの生涯教育 としてのキャリアプランを支援いたします。

  A現在の立場を続けながら、海部病院の地域医療研究センターにおいて非常勤医師として診療・研究活動に従事します。

徳島大学では医学生の地域医療および総合医療に関する教育に関わっていただきます。


地域医療へ熱い情熱を持つ皆様からのご連絡をお待ちしています。
総合診療医学分野とのつながりの持ち方やメリットについてはご相談ください。


     詳細は電話、メールにて
           お問い合わせください


研修医・専攻医 (当分野とのかかわり: 研修病院)   総合診療部・総合診療医学分野役職
 小幡 史明 (専攻医:非常勤講師)  谷 憲治 (教授)
 中西嘉憲 (専攻医: 助教:徳島県立海部病院)   山口治隆 (准教授)
 梅谷一公 (専攻医:東京ベイ浦安市川医療センター)   鈴記好博 (助教)
 三橋乃梨子 (専攻医)    大倉佳宏 (助教) 
 藤田沙弥香 (専攻医)   田畑 良 (助教) 
 林 宏樹 (専攻医)   河南真吾 (助教) 
 稲葉香織 (専攻医:吉野川医療センター)    中西嘉憲 (助教) 
 稲葉圭佑 (専攻医:吉野川医療センター)   清水伸彦 (非常勤講師)
 川人圭祐 (初期研修医:徳島県立中央病院)   湯浅志乃 (非常勤講師)